夢の実現に向けて

Filed Under オーナ日記 | 夢の実現に向けて はコメントを受け付けていません。

広島の輝く女性☆

今朝(11月18日)の広島西倫理法人会のモーニングセミナーで、
これまでの私の経験から「夢に実現に向けて」・・・
講話をさせていただきました。下記は掲載された報告文です。
そのまま転載させていただきますね。

講話
****
橋本さんが起業するきっかけとなったのは、ふとしたことで目にした稲盛和夫さんの記事からだったそうです。ボランティア活動もしておられた橋本さん、起業することによってより多くの人に貢献できるのではと48歳の時にモイスティーヌ素肌美容を広島に取り入れ主婦の立場から起業をされました。
稲盛和夫さん 人生とは
謙虚にして驕らず
自分の才能を私物化してはならない
想いは必ず実現する
宇宙の全てのものを幸せにする
宇宙は必ず調和をとる(足るを知る)

初めてのサロンは8坪からのスタート、その後、こちらもたまたまのご縁で40坪のサロンとヨガスタジオを開くまでになられました。沢山起こる良い出来事は、私に与えられた仕事である。役目として、「なぜ、この仕事をしているのか?」と自分に問いかけ、さらにセルフイノベーション(自己革新)をしていかれたそうです。その後、色んな問題にぶつかる事があっても「問題は終わる事のない自己成長の過程」と捉えて、問題そのものを正面から解釈を取り除いて事実のみを見るという形で解決していかれたそうです。

これからもより多くの女性が美しく輝いていくお手伝いをしていくとともに女性が独立していく支援をしていきたいととても素敵な笑顔でお話ししてくださいました。広島で輝く女性、橋本さんのお話を聞いた会員の皆さんも朝からキラキラしてましたよ!

そんな橋本さんのお写真がリーガロイヤル広島1Fロビーに展示してあります。
『広島で輝く女性シリーズ』写真展at リーガロイヤルホテル広島
秋も深まるこの季節、どうぞホテルに立ち寄って、ご覧になってみてくださいね。
期間2016年11月1日~12月11日

シロダーラ

Filed Under オーナ日記 | シロダーラ はコメントを受け付けていません。

今日は8月1日

末広がり( 8 )の始まり(1)の日に、マニーシャのオリジナル製品のお知らせをいたしします。

まずはシロダーラの新しい世界をご紹介します。images52

これまで、マニーシャでは特別に調合した特性オイルを使用して、脳と心の治療法」と
いわれているシロダーラを提供してきましたが、日本の風土に最も適した新しい媒体、
ハーブ水を使用した、シロダーラを始めることになりました。

特別に調合された成分で髪のトリートメント効果も十分に期待できます。
オイルのべたつき感もなく、お湯で洗い流すだけ、体験者の方々には、大変喜んで頂いています。

詳細は後日お知らせいたしますので、お楽しみに・・・・♪

秋の気配~

Filed Under オーナ日記 | 秋の気配~ はコメントを受け付けていません。

秋晴れのすがすがしい好日となりました。

とにかく暑い暑いの猛暑を乗り越え、ようやく涼しい朝晩となり夏の疲れも
感じるころ、私にとっても怒涛のような夏が過ぎ行くところです。

毎日、目の前の事をこなして行くだけの日々でしたが、秋の気配を感じるようになり、過ぎ行く夏を
振り返りたくなりました。皆さんにはどんな夏だったのかな~?

これから夏本番という7月3,4日日本ヨーガ療法学会金沢大会に参加してきました。
今回は甥っ子のメンタルトレーナーの周平君が研究発表をするというので、二人で張り切って
参加してきました。

img_new

私が言うのもなんですが、素晴らしい研究発表だったと思います。~

後の懇親会では次々と名刺交換し、オファーをいただいておりました。来年には広島にも招いて

メンタルトレーナーの講演会を催したいと計画中です。どうぞ、お楽しみに~☆ミ

もう一つのスーダン

Filed Under オーナ日記, 未分類 | もう一つのスーダン はコメントを受け付けていません。

日本人医師  川原尚行の挑戦

pic_kawahara2

6月11日 
ログノート藤原さんからの情報で、TV情熱大陸でも紹介され大反響だった
”もう一つのスーダン、川原尚行の挑戦”の川原さんの講演会に参加して参りました。

2005年、外務省の医務官として駐在していた川原さんは「一人の医師として医療活動をしたい」と退官。   

講演では、「目の前の苦しんでいる人達を、そのままにできなかった。」

”なぜ、高給取りの職を捨ててまで医療活動をしたのか?”と尋ねられ「日本男児だからだ」と答えたと話されたときに
皆さん、そうだそうだ!!と会場内に大きな拍手が沸き起こりました。

e9a098e5ad90efbc93e9a098e5ad90

川原さんのお話は5年間の活動のお話でしたが、本当は大変なご苦労なのは周知の中、今日までを淡々と話されました。心に染み入るお話で目頭を押さえながらスーダンの世界に聞き入っていきました。、、、、

「人として行動せずにはいられない」
私たちが忘れかけているこころ、
目の前の人の苦しみが他人事になってしまい人の痛みに鈍感になっている現代社会。

何かのせいにしてはいけませんね。自分自身のこととしてもっと感じて生きたいと
思いました。私がその場にいたら???同じようにできたでしょうか。
がんばっていたかも???とおもいたいです。。

efbd8befbd81efbd97efbd81efbd88efbd81efbd92efbd81

                 ロシナンテについて
スーダンは長年続いた内戦などにより国は疲弊し、国民の多くは貧困に苦しんでいます。難民問題をはじめ様々な問題が山積みになっていますが、特に医療問題は深刻です。ロシナンテスはこれらの問題を解決するため、医療活動、学校・教育事業、水・衛生事業、交流事業、スポーツ事業に取り組んでいます。
 私たちNPO法人ロシナンテスの名前の由来は、小説「ドンキホーテ」に出てくるドンキホーテの乗る痩せ馬のロシナンテから来ています。「私たち一人一人は痩せ馬ロシナンテのように無力かもしれない、しかし、ロシナンテが集まり、ロシナンテスになれば、きっと何かできるはずだ!と考え、「ロシナンテス」と名付けました。
 今後もこれを信念として一歩一歩進んでいきたいと考えておりますので、皆さまのご支援をよろしくお願い致します。

シンガポールの旅日記

Filed Under オーナ日記, 未分類 | シンガポールの旅日記 はコメントを受け付けていません。

5月30日 福岡空港からいざシンガポールへ!!

6月3日帰国の3泊5日の旅。
今年は仲間8名と、盛り上がりの旅となりました。
半分はスキンケアの会社の仕事です。また、半分は日ごろの疲れを癒すため(♪)
本当に癒しになったかといえば???でしたね。(笑)

           

e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-0171

 世界1位の観覧車からの絶景!!シンガポールの歴史も聞きながら、360度のパノラマでした。観光、経済中心のとっても洗練された町で、ゴミの落ちていない街中は、見習いたい!!

  e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-1421お馴染み、マーライオンです。子供の方ですね。e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-1371

シンガポールには「ナイトサファリ」が、、、、でも、その前に動物園で、絶滅寸前の
奇獣さんたちにお目にかかりました。

何といっても”ホワイトタイガー”みんなで、目を凝らしてなにやら動く白い生き物を
探しました。写真には何とか納まりましたが、「よくみえな~いい!」
写真用にパネルがあったりして、至れり尽くせり?でした~!

e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-154e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-1572e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-1561

どの写真が、見世物でしょうか??この中の一枚はパネルで~す!!!e382b7e383b3e382ace3839de383bce383ab-166

ヴェーダーンタキャンプの報告

Filed Under イベント, オーナ日記 | ヴェーダーンタキャンプの報告 はコメントを受け付けていません。

インド、リシケシより日本へ。

スワミ ダヤーダナンダ、4月8日夜、広島空港へ到着。
待ちに待ったスワミ ダヤーダナンダ。花束を抱えて実行委員会のメンバーとお迎えに上がりました。
到着されたスワミは近くで拝見いたしますと、穏やかな慈悲深い眼をされていて、厳かな威厳のあるお顔でした。
今回は日本へ2度目の来日となり、長いあいだの願いでした平和都市広島への第1歩となり、ご案内する私たちも、いろいろと準備を整えてのキャンプスタートの日でした。

2007414-060

翌9日はあいにくの雨となりましたが、世界遺産の宮島へ。
車2台に総勢12人で、まずは宮島厳島神社へお参りを。初めて見るもの、触れるもの
立ち止まっては説明を聞かれで、スワミの好奇心は十分に満たされた事と思います。
そして大聖院での吉田住職との昼食会。
完璧ベジタリアンのスワミに、見た目も味も最高の精進料理をふるまっていただき、感激でした。スワミにとっても日本の家屋、庭園もきっと素晴らしい風景だったと思います。

この日は段々と雨脚もひどくなり、予定していた錦帯橋は取りやめて、明日の平和祈念講演、資料館、他のためにもホテルでの休養としました。
第1日目はほっと一息 ♪♪♪でした。
 
2010年4月11日(日)「平和と思いやり」についての広島講演会からスタートし、
4月18日(日)東京キャンプで最終日を向かえ、無事全日程をおえました。
今日は出張から帰り、ようやくヴェーダーンタキャンプの報告をさせていだきます。

チベット・セミナーの報告

Filed Under イベント, オーナ日記 | チベット・セミナーの報告 はコメントを受け付けていません。

3月に入り、待ち遠しい春は中々やってきてくれませんね。
そんな中、ようやく、セミナーが始まりました。
セミナー初日にどれくらいの方々が参加してくださるかと、少々気を揉みながら~~

さすが~人気のチベット仏教!!
初日から、24人の皆様に参加していただきました。

dsc000041

MMBA(文殊師利大乗仏教会事務局)でもある野村進次郎先生のオリエンティションからスタートし、チベット高僧の方からの講座が始まりました。
チベット語は、分かりませんが、ヨーガをかじっている私には、何となくイメージが伝わってきます。通訳を介するとまた話の内容に中々付いていけず、でも、ああ、ヤッパリ!!
と話の中に引き込まれていきました。終わってみれば、あっという間。
また、次回も聞きたい!と思うワクワクの講座でした。

来週は瞑想の更に深いお話になるそうです。興味のある方、ご縁のある方、
お待ちしています~~!!
2e69c8821e697a5-040

チベット・スピリチュアル・セミナー

Filed Under イベント, オーナ日記 | チベット・スピリチュアル・セミナー はコメントを受け付けていません。

      チベット・スピリチュアル・セミナー

   tibetan spiritual seminar 開講のお知らせ

ヒマラヤ山脈に囲まれているチベットでは町外れなどに何年間も人知れず、ひっそりと洞窟の中で瞑想をしながら暮らしている人が沢山います。
彼らは毎日何度も死や再生のポロセスをイメージトレーニングしながら、究極のブッタの境地にいたるための修行をしています。これらの瞑想をすることで、彼らは感電に正常な”幻の身体”を実現するといわれています。

このチベットのスピリチュアリティをチベット仏教総本山から広島に来ておられる高僧の皆様から直接、基礎から教えていただき、日ごろ、疲れきった私たちの日常生活の中で、
活かしてあなたのスピリチュアルな生活をレベルアップしませんか!

日時:  3月12日~毎月第2,4、金曜日 19:00~20:30

講師: ゲシェー・チャンパ・ドンドゥプ先生ほか
    (講師の先生は広島にある唯一のチベット僧院から      来られます。)
参加費:1,500円(1回資料込み)
     資料の準備のため、必ずお申し込み下さい。

主なテーマ(例)
    *テーマは毎回一つずつ、随時変わります。
  ・瞑想の基本~呼吸とその観察法
  ・ブッタの神々をイメージする~様々な仏や菩薩の姿を
   イメージするしかた
  ・ブッタや神々との対話
  ・マントラの意味を知り、瞑想する。
  ・チベット死者の書を学ぶ~死と再生のプロセス

************************

お気軽にご参加くださいませ。

************************

     ・

新年明けましておめでとうございます。

Filed Under オーナ日記 | 新年明けましておめでとうございます。 はコメントを受け付けていません。

2010年、 明けましておめでとうございます。

いよいよ、今年はいろいろな意味で ”正念場” そんな年になりそうですが、「一日一生」
そんな気持ちで、毎日を誠心誠意で生きたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

マニーシャでは、自分と向き合い、人と繋がり、生きることの本当の意味を ヨーガやベーダの智慧、実践をもとにして、気付きやヒントを得て日々実感して生けるように、活動していきたいと思います。
マニーシャには現在、共に学びあっているヨーガ勉強中の5人の仲間(スタッフ)がいます。
今年は少しずつ活動の場が輪がひろがっていきそうでとても楽しみですね。

マニーシャは只今、改装中です。
新装開店、またご案内いたしますので、どうぞお楽しみに~!!

百姓庵のご紹介

Filed Under オーナ日記 | 百姓庵のご紹介 はコメントを受け付けていません。

 8月26日、下関の油谷にある、民宿”百姓庵”を尋ねました。


                       e799bee7aba0efbc922         

 

 

 

 

 

ヨーガクラスの生徒、祥子さんの案内で愛車で往復7時間かけ日帰りの旅。
最近、にわかに雑誌などで取り上げられているらしく、
なるほど自然回帰の民宿  で あり、
自然に囲まれた自給自足の暮らしぶりは徹底され、キラキラ瞳のご主人と
奥さん、かわいい子供たちの家族は微笑ましく、一緒にいるだけで満たされ
るようでした。

                                                                                                                                                      

e799bee7aba0                 

民宿”百姓庵”のメインは「塩つくり」
海水を引き上げ、風と日光による海水の循環濃縮作業で「流下式塩田」。
夏場は10日冬場は20日ほどかけて塩分濃度を3倍にしていく、
昔ながらの手作り設備で、薪を焚き更に濃縮、その色はにがりも含み
黄金色に輝いていました。
、炭焼き釜や道具つくりの鉄打ち釜があり、自宅の周りには畑から、
納屋、家畜小屋、岩風呂、と手作りのものばかり~!必要なものは
できるだけ自分達で作るという!
米つくりはアイガモ農法!庭にはアイガモたちが放蓄されていました。

                                                         e799bee5a793882                           

何処を見ても、小さい頃のおばあちゃんの土の臭いのする田舎を思い出
させてくれました。若いけど夫婦で自給自足のエコ生活をエンジョイする逞しさ、
力強さに脱帽です。

 

早速、百姓庵の塩を沢山仕入れてきました。興味のある方々におすそ分け
したいと思います。にがりの効能も生かして、ご紹介します。

keep looking »